40才からの居場所研究会

~LPWが考える居場所・・・気持ち、情報、目的を共有できる安全な場所~

2017年度に「40才以上の方が気兼ねなく通える居場所とは?」をテーマにスタートした「40才からの居場所研究会」も3年目を迎えました。昨年度は「居場所」の中で「LPW文化祭」の実行委員会が自然発生し企画・運営を担当しました。
今年度も「文化祭」開催という目的を共有し、新しい企画や提案が生まれています。
また、世話人たちと参加者の対話も回を重ねるごとに味わい深くなってきました。
(全部録画して文字おこしを、という意見が出るほどです…!)
「安心」と「役割」が保証された居場所が熟成していく過程が今年度の裏テーマかもしれません。

居場所とは「悩み、喜び、情報、目的など」を共有(シェア)出来る場ではないか?

居場所実践のひとつとして、「商品開発を通して若者支援を考えよう」という分科会が加わっています。
今後、京都で「オリジナルな自立支援」を目指す人たちの交流の場になっていくかもしれません。
毎月新しい方も来られていますので、是非お気軽にご参加下さい!

詳細

開催日: 毎月第4金曜日 17:30〜20:00
開催場所: LPW下鴨事務所
※ご参加いただく場合は事前にご連絡いただけますよう、ご協力お願いいたします

(2019年度京都府ひきこもり社会参加支援事業・申請中)

過去の開催レポート

第23回 (5/24)

法然院悲願会(5/5)での演奏DVDをプロジェクターで映しながら作業療法士チームの企画案について話し合い。事務所工事のため養生シートが張られた中、イスが足らなくなるほど多くの方に参加していただきました。
6/28~7/4LPWが開催する「祇園祭あーとふぇあ」の打ち合わせもあり、盛だくさんの3時間でした。

第22回 (4/26)

新年度を迎え、作業療法士ワーキンググループから新事業の提案があり、2020年1月開催予定の「ユース文化祭」の企画案について話し合いました。
10連休の直前、参加者7名で少人数でゆったり過ごしました。

ページトップ